RHO-Japanの業務案内
RHO-Japanのオフィスの所在地
Green Card Clubは、こちらから
ご質問資料請求は、こちらから
ご質問資料請求は、こちらから
       

Richard Horikoshi's Office Japan

RHO-Japan

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

RHO-Japan は米国移民法のコンサルタント事務所です。

周辺の国際情勢や有事の際の治安、大地震への危惧等への対策として
アメリカ永住権を取得している方が多数います。
当事務所は、グリーンカード(抽選永住権)の申請や当選後の国務省への面接予約、
アメリカ大使館での面接用書類作成(自分で申請し、当選された方や業者申請分
も含む)、取得後すぐに移住できない方のグリーンカードの保持、在米日本人として住
所不定にならないようにアメリカの住所の紹介、米国移民局とのトラブル対策、回避の
アドバイスをします。

DV-2020 Green Card Lottery
グリーンカード(アメリカ抽選永住権)申請代行申し込み受付中。
申請書類作成代行手数料を¥18,000-で受任します。
当選後の申請書類作成費用を無料サービス
当選後、面接申請書類はすべて英語でグリーンカードの受取にも米国の住所が必要です。
アメリカに住所がない方でも、当センターが提供しますのでご安心下さい。
また、永住権所持者が半年以上、日本に滞在するなら早めにご相談下さい。
 

抽選永住権当選後の国務省への面接予約、
アメリカ大使館での面接用書類作成。

 住所、氏名、電話番号を記載しメールでご相談下さい。

当方から電話します。
visa@rho-japan.com
 案件によって米国移民法スペシャリストが面談します。
  面談場所
 アーネスト法律事務所

 東京都千代田区麹町2-14-1 麹町ホームズビル8階
 半蔵門線・半蔵門駅4番出口歩1分

 ■移民法の改正  Green Card Club を参照して下さい。
 
■皆様はグリーンカードの保持、管理に不安はありませんか!
アメリカグリーンカード保有者の再入国許可申請の審査基準は変わりませんが、米 国内での指紋採取などグリーンカードのプロセスが変わり、日程などで取得が難しくなった方が多くなりました。
再入国許可申請はアメリカ国内からで数週間後にアメリカ国内で指紋採取になります。
グリーンカードの取得は出来たもののグリーンカードの維持が出来ず失効となってしまっては、取得した意味そのものが無くなってしまいます。
日本に居住で、Green Gard を保持する事を考えるならアメリカグリーンカードのプロフェショナル集団である当事務所のGrren Card Club の会員になることをお勧めします。
Grren Card Club の会員になると的確なアドバイスを受ける事が出来ます。
アメリカ所得税申告 TAX Return  アメリカ確定申告

米国永住権者は収入を日本で確定申告してもアメリカでも確定申告をしなければい けません。
米国確定申告(Tax Return)はグリーンカードを維持するための必須条件です。
グリーンカード
保有者は、アメリカで所得税申告をしないと、義務違反でトラブル になります。
日米租税条約で二重払いの必要はありません。格安で確定申告書の作成を受任します。

当オフィスで確定申告書を作成すれば、グリーンカード維持にもお役に立てます。
visa@rho-japan.com
抽選永住権当選後の申請・グリーンカード当選後の申請
折角、当選したのに申請書類不備で取得できない方が多数います。
格安でグリーンカードを取得出来るようお手伝いします。
(1)正確な申請書作成 (2)戸籍謄本など必要書類を英語に翻訳 
(3)臨時の居住先住所やグリーンカードを受け取る米国内の住所を提供

お問い合わせ先:
visa@rho-japan.com

 

米国永住権(アメリカ永住権・グリーンカード)をお持ちの方必見です!
アメリカ移民法の改正でアメリカの再入国許可及びグリーンカードの取り扱い方法が大きく変わり日程的に厳しくなりました。アメリカ永住権アメリカグリーンカード所持者は、ご注意下さい。
詳しくはGreen Card Club を参照して下さい。
 
グリーンカード・クラブ入会希望の方やレンタルアドレス、アメリカ確定申告
書作成をご希望の方はメールでご連絡頂ければ、すぐに返信いたします。
移民法に関する質問はG.C.C.入会後にお願いします。

面談希望はメールで必ず予約をして下さい。

visa@rho-japan.com
 
米国(アメリカ) レンタルアドレス
米国永住権者は、一年間米国を離れると永住権は失効します。
年に1〜2回は、米国へ帰国をしなければならず、帰国ですから住所不定では米国居住者として認められません、日本の居住者と判断されればアメリカグリーンカードは没収です。入国審査時の移民官とのトラブルを避ける為にも、米国の住所はGreen Card Club が提供します。
移民局やTax Office(居住者としての証拠物件)、銀行からの手紙を日本の指定住所へ郵送します。
G.C.C.は住所不定にならないように協力します。
 
 

Copyright 2018 RHO-Japan. All rights Reserved.